ジャパンアウトドアリーダーズアワード|Japan Outdoor leaders Award

MENU

募集要領

主旨

この度、JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD/ジャパン アウトドア リーダーズ アワード(以下、JOLA)を開催する運びとなりました。

このアワードは、山や川や海、田畑や森林など多様なアウトドアフィールドで、より良い未来を支える人を育てたいという想いを持ち、体験を大切にした人づくりを実践する方の功績をたたえ表彰することを目的とします。

より良い未来を支えるために必要な能力は、日々変わりゆく社会・環境への対応力ではないでしょうか。この力は、変化に富み予測不可能な環境のなかで実際に試行錯誤を繰り返すことで育まれます。そして、そのことが実現できるのがアウトドアフィールドでの体験なのです。

今、日本中のアウトドアフィールドには、このような信念と誇りのもと、人づくりに取り組んでいる方が多く存在します。

本アワードでは、その中から特にすぐれた指導者に光を当てます。それにより、人づくりに関わる多くの人たちが励まされ、豊かな刺激と目標を得ることができます。また、多くの人や企業、団体が新しい結びつきをつくり、様々なイノベーションの源流となることも期待しています。

募集期間

2016年6月1日(水)~2016年10月7日(金)当日消印有効

応募費用

無料

募集の対象

JOLAの目的とする「山や川や海、田畑や森林など多様なアウトドアフィールドで、より良い未来を支える人を育てたいという想いを持ち、体験を大切にした人づくりを実践している方」を対象とします。

〈対象となる取り組みの例〉
・登山を通して子ども対象の人間教育を実践している人
・災害を生き抜くスキルを習得させるサバイバルキャンプを実践している人
・子どもたちの自然を見る感性を育むために心揺さぶる原体験を提供している人
・大学生を対象に山村活性化の担い手育成プログラムを現地の山村で実践している人
・安全な川遊びや海遊びを指導できる人材を育成している人

など

応募資格

1.アワード対象者

  • 1年以上(過去にさかのぼるも可能)継続して活動していること
  • 宗教政治活動を除く活動であること
  • プロアマ、年齢等は不問

2.推薦者(応募者)

  • アワード対象者の活動・人柄をよく知っている方
  • 申請書提出後に事務局から問い合わせがあった場合、その連絡が受けられる方

応募は、アワード対象者のことを知る推薦者が窓口となり申請してください。ただし、申請時に本人が同意し、自身で申請書類を確認していただいた上で、ご提出をお願いします。

アワード種類

ファイナリスト 協賛各社よりアウトドアグッズを進呈
ファイナリストの中から各賞を決定いたします。

大賞

  • エンブレム 副賞として30万円

特別賞

  • 副賞として10万円

審査方法

1.審査の流れ

  • 1次審査:2016年9月~10月
    エントリーシートに基づき、運営委員による1次審査を行います。30名程度を選考します。
  • 2次審査(現地視察・ヒアリング):2016年10月~11月
    1次審査を通過されたアワード対象者の方には、JOLAルーブリック評価に基づいた自己評価シートを提出して頂きます。必要に応じて運営委員による現地調査及びヒアリングを行います。
  • 最終審査:2016年11月~12月
    外部の有識者からなる選考委員が最終審査を行います。
  • ファイナリストの決定・通知:2016年12月
  • アワード表彰式:2017年2月9日(木)
    会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
       国際交流棟 レセプションホール

2.審査の基準

応募方法

1.エントリーシートをダウンロードし、記入して下さい。エントリーシートには、①推薦書(応募者が記入)、 ②自己紹介シート(アワード対象者が記入)の2種類があります。

2.エントリーシートを郵送により事務局までお送り下さい。その際には封筒の表に「JOLA応募書類在中」とお書き下さい。
※ファックス、電子メールによる申請は受けつけていませんのでご注意ください。

〈提出先〉
ジャパン アウトドア リーダーズ アワード運営委員会 事務局
〒151-0052
東京都渋谷区代々木神園町3-1 自然体験活動推進協議会内

その他

  • 1.大賞受賞者、ファイナリストにはJOLA特製2017エンブレムが授与され、1年間使用することができます。
  • 2.受賞者にはさらなる活動の充実を期待します。
  • 3.受賞者の方には、受賞後の広報・PR活動にご協力をお願いする場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
  • 4.応募にあたり、虚偽の申告を行うなど、受賞にふさわしくない行為が発覚した場合、受賞を取り消すことがあります。
  • 5.応募用紙は返却いたしません。
  • 6.申請、審査において運営事務局が入手した個人情報に関しましては、JOLA事業以外の目的には使用いたしません。

Q&A

Q1 推薦者が複数を推薦してもよいでしょうか。人数制限はありますか?
A1 複数の人を推薦するのは特に妨げませんが、申請作業は推薦者が行うようにしてください。
Q2 活動に季節性があり、過去にさかのぼって9か月程度の活動です。初回の活動からは1年以上が経過しています。この場合はアワードの対象になりますか?
A2このアワードは長く活動された方を功労するものでなく、現在の活動において光るものを表彰する趣旨で作られました。しかし、活動期間が1年に満たないものにつきましては、対象となりませんので、ご質問のケースの場合は1年以上の活動期間を満たしてからのご応募をお願いいたします。
Q3 推薦者に年齢制限はありますか?
A3 特に設けていませんが、推薦欄をご記入いただくこと、ご応募の手続きを責任をもって行っていただける方を推薦者としてください。
Q4 ルーブリックとは何ですか?
A4 アワード評価項目を表形式にしたものです。
ルーブリックとは、学習到達度(今回のアワードでは実践度)を評価項目とレベルで表形式に表したものを言います。教育分野で最近取り入れられている評価の手法です。このアワードは、アワードの評価項目をまず自己評価していただいて、それを審査員がさらに評価する方式をとります。
Q5 自己推薦ではいけませんか?
A5 募集要領にもあるように推薦者による応募となります。推薦のない応募は無効とさせていただきます。
Q6 推薦者はどのような人でもいいですか?
A6 推薦者に特に資格はありません。募集要領の条件に則ってアワードの趣旨を理解の上、応募してください。
Q7 推薦しようとした人が応募にOKしてくれていませんがどうしたらよいですか?
A7 エントリーシートには、アワード対象者に記入して頂く箇所があります。また、1次審査を通過した場合、アワード対象者による自己評価シートを提出して頂きます。また審査過程において、現地視察やヒアリングを行う場合があります。指導者個人を表彰するアワードですので同意の上で応募いただきますようお願いいたします。
Q8 推薦者のメリットはありますか?
A8 あなたが応援する指導者の方の存在が多くの方に知られ、活動の可能性が広がることが最大のメリットと委員会では考えています。また推薦者はアワード式典後のパーティーにご招待いたします。

〈問い合わせ先〉
ジャパン アウトドア リーダーズ アワード運営委員会 担当:和田
〒151-0052
東京都渋谷区代々木神園町3-1自然体験活動推進協議会内
Mail: jola@cone.jp